スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開講演会 フェア・トレードの現在:日本・世界の最新事情

2007年開催の公開シンポジウム「フェア・トレードがめざすもの」で議論された5つの論点(フェア・トレード・ラベルの課題、フェア・トレード主体の「緩やかな結合」、生産者支援の評価とその成果の表示、量の認証型と質の提携型の結合、多様性とその他の社会運動)を引き継ぐかたちで、同年にフェア・トレード研究会を設立した。

5回の研究会(および民博共同研究会を3回)を重ねてきたが、その間、日本においてもFLO認証商品市場が40%の成長率を実現するなど、着実にフェア・トレード商品の普及が進んでいる。

6回目の研究会となる本講演会においてはまず、その普及の詳細を学ぶため、「緩やかな結合」の1事例である「国際貿易投資研究所・フェアトレード研究会」が実施した、フェアトレード市場調査の結果について、長坂教授にご報告いただく。

 次に世界フェア・トレード機関において策定が進んでいる新しいフェア・トレードの基準・ラベルについて、渡辺教授にご報告いただき、それらによって「緩やかな結合」や生産者支援が促されるのか議論する。

日時:2009年11月29日(日)13:30-17:00
場所:キャンパスプラザ京都(JR京都駅烏丸口・駅ビル駐車場西側) 第2~4演習室
参加費:無料(事前申込不要、入場定員90名)


主催:京都大学フェア・トレード研究会
日本学術振興会科学研究費補助金・基盤研究
「キリマンジャロの農家経済経営と農村発展:フェア・トレードの役割」
国立民族学博物館・共同研究会「フェアトレードの思想と実践」
後援:フェアトレード・サマサマ
フェアトレード・プロモーターズ
京都大学フェアトレードサークル
ルカニ村・フェアトレード・プロジェクト
問い合わせ:
京都大学農学研究科・辻村英之
TEL:075-753-6188 FAX:075-753-6191
E-mail:tsunji@kais.kyoto-u.ac.jp

プログラム:
13:30-13:40 はじめに:研究会における論点と本講演会の課題
辻村英之氏(京都大学農学研究科・准教授)
13:40-14:40 日本におけるフェアトレードの普及について:市場調査の報告
長坂寿久氏(拓殖大学国際学部・教授)
14:40-15:00 質疑応答
15:00-15:10 休憩
15:10-16:10 世界フェア・トレード機関(WFTO(旧IFAT))における新たな
                フェア・トレードの基準・ラベルの策定について
          渡辺龍也氏(東京経済大学現代法学部・教授)
16:10-16:30 質疑応答
16:30-16:50 活動報告
  フェアトレード・サマサマ
        フェアトレード・プロモーターズ
     京都大学フェアトレードサークル
     ルカニ村・フェアトレード・プロジェクト
16:50-17:00 おわりに:今後の研究課題
 鈴木 紀(国立民族学博物館・准教授)

スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

サマサマ太郎

Author:サマサマ太郎
主に関西におけるフェアトレード関連のイベント(フェアーやセミナー等)や、NGOサマサマの活動を紹介していきます。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。