FC2ブログ

■ワンワールド・フェスティバル報告■

今回のワンフェスは、

来場者数=17,500人(昨年より3千人増)
ボランティア数=186人
実施プログラム数=71プログラム
参加団体数=146団体・153ブース
  内訳(NGO=98団体、政府機関・ODA実施機関=7機関、国際機関=6機関、教育機関=3機関、企業=6社、民族料理模擬店=20団体)

と、過去最大規模になりました。これは好天に恵まれたこともありますが、やはり国際協力への関心がもいつになく高まっていると解釈していいでしょう。フェアトレード・コーナーに位置した6団体への入場者の関心も、売上も好調だったようです。

にぎわう会場ワンフェス全体

フェアトレードのブース
FTPブース

フェアトレードのワークショップ
佐藤WS

フェアトレード・プログラム@ワンワールド・フェスティバル

「心においしいチョコ」のためにできること
日時:2011年2月5日(土)11時~12時30分
会場:大阪国際交流センター2階 会議室:A・B
参加費:無料
定員:30名
講師:佐藤由紀さん(開発教育協会大阪事務所長)

チョコレートの原料、カカオ。カカオの実はだれがどうやって育てているのでしょう?チョコのふるさとを訪ね、日常を知ることから、私たちの心においしいチョコを考えます。バレンタインデーのチョコを用意する前に、ぜひ!

地球の食卓「私たちがつくる未来」
日時:2011年2月5日(土)13時~14時30分
会場:大阪国際交流センター2階 会議室:A・B
参加費:無料
定員:30名
講師:佐藤由紀さん(開発教育協会大阪事務所長)

豊富な食べ物に囲まれた私たちのくらし。でも、その豊かさの裏側にはたくさんのハテナ??があります。写真を使って世界の家族の食卓と見くらべながら、毎日を支える食を見直し、私たちの未来を考えましょう。

「おいしいチョコレートの真実」ワークショップ
日時:2011年2月5日(土)12時30分~14時30分
会場:大阪国際交流センター3階 会議室:3
参加費:500円
定員:30名
講師:白木朋子さん(ACE事務局長)

ACEは児童労働を考えるNGO。実際にガーナのカカオ農園主や農夫になって、その構造を体験してみましょう。

映画「ガーメントガールズ」上映
日時:2011年2月6日(日)14時30分~16時
会場:大阪国際交流センター2階 小ホール
参加費:無料
定員:150名
解説:シャプラニール関西ボランティア

日本やヨーロッパで売られている衣類の生産は、より低賃金を求めて現在中国からバングラデシュにシフトしています。映画で工場で働く若い女性の実態を知り、安価な商品を求める私達の消費スタイルを考え直してみませんか?

出資でできるもう一つの途上国支援
日時:2011年2月6日(日)14時30分~16時30分
会場:大阪国際交流センター2階 会議室:A・B
参加費:無料
定員:60名
講師:小柴巌和さん(ARUN社員)
   岡本眞理子さん(オイコクレジット・ジャパン代表、日本福祉大学教授)

貧困を始めとする途上国での様々な問題解決に、多くのマイクロファイナンス機関や社会的企業が頑張っています。それらの団体や会社への支援が、「寄付」ではなく、日本からの「出資」で可能ということをご存知ですか?2つの取り組みをご紹介し、自分のお金の有効な利用を考えてみましょう。


フェアトレードのセレクトショップ@高島屋

高島屋1

「フェアトレード・ファッションのメインストリーム(主流)化を目指す、『LOVE&SENSE』社長の高津さん。今回は東京伊勢丹新宿店に続いて、高島屋大阪店でショップを展開されています。老舗デパートがフェアトレードに関心を持つということは、画期的なことです。この試みを成功させるため、多くの方に来ていただき、みんなで盛り上げる必要があります。ピープルツリーやシサムコウボウなど、他のフェアトレード団体のものも販売されていますので、難波に行かれたときは、是非のぞいてみてください。

<高島屋>
期間:2010年5月26日(水)~6月8日(火)
場所:大阪高島屋3Fグッドショッププレイス

「LOVE&SENSE」のサイト
http://www.love-sense.jp/
高津玉枝の最新フェアトレード情報ブログ
http://ameblo.jp/tamaefukuichi
取り上げた記事
http://namba.keizai.biz/headline/1333/
高島屋2

ブルースさんからのメッセージ

Dear Osaka citizens

I am writing you this email in my respect that you have been
working on setting up fairtrade town in Japan.

In April this year Garstang will celebrate it's 10th anniversary
as the world's first Fairtrade Town. We, the Garstang Fairtrade
Steering Group, would like to invite you to visit Garstang during this time as part of the 'Japan in Fairtrade Towns' initiative. While you are in Garstang you would also be able to attend this international Fairtrade Towns ceremony.

The Garstang Fairtrade Steering Group are proud and honoured to be a part of the 'Japan in Fairtrade Towns' initiative.The proposed projects are exciting, creative and well thought out and we have already had a great response from all aspects of our community, particularly schools.Your visit can only serve to further increase awareness of Fairtrade in Garstang and also provide the opportunity for our community to share and experience Japanese culture.

I am going to visit Japan at the end of February to attend an
international symposium on Fair Trade in Tokyo and Seminars in
Osaka when I shall be able to tell you more about our invitation. I am really looking forward to seeing you in Garstang in April and hope we will soon see the first Fair Trade town in Japan so that the Japanese people can join our international Fair Trade Towns network.

Very best wishes,
Bruce Crowther
Chair of the Garstang Fairtrade Steering Group


大阪市民の皆様へ

このお便りは、大阪市の中にフェアトレードタウンを目指して活動して
いる方々がおられることに敬意を表し、お送りしております。

今年の4月にガースタングは世界最初のフェアトレードタウンとして10周年記念を迎えます。私達、ガースタング・フェアトレード運営委員会は、皆さんがフェアトレードタウンプログラムの一環として、この記念すべき時期にガースタングを訪問されるよう、ご招待申し上げます。ガースタング滞在中、皆さんは記念すべき10周年イベントにもご参加していただくことができます。

ガースタング・フェアトレード運営委員会は、フェアトレードタウンプログラムを後援できることを誇りに思うと同時に、名誉に感じております。プログラムはわくわくする内容であり、創造的かつ大変良く設計されています。既に地元のあらゆる層から、とりわけ学校関係者から大きな反響が寄せられています。
皆さんの訪問は、ガースタングでのフェアトレード啓発だけではなく、市民に対して日本の文化を学び経験する機会を提供してくださるからです。

私は2月下旬から日本を訪ずれ、東京の国際シンポジウム、大阪のセミナーに出席します。その際、ぜひこの件につきお話しもうしあげたく思います。4月に皆さんとガースタングでお会いできるのを本当に楽しみにしております。そして、日本初のフェアトレードタウンがまもなく誕生し、日本の皆さんが国際的なフェアトレードタウンネットワークに参加されることを願ってやみません。

Bruce Crowther
ガースタング・フェアトレード運営委員会会長
W-BruceR.jpg


今年も女子高校生がフェアトレード・チョコレート販売

神戸の松蔭高校では、社会に発信する数々の「チャレンジプログラム」を長年にわたり高校生自身が企画してきました。今年は、「Blue Earth Project」の一環として、フェアトレードを取り上げていただき、コムシノワというレストラン・ケーキ屋さんと組んで、生徒達のデザインしたフェアトレードのチョコケーキを販売します。

日時:2010年2月11日(祝)11時~15時、ハーバーランドモザイク(2階ファミリア前)

Blue Earth Project
http://change.livedoor.biz/archives/1035275.html
コムシノワ
http://www.comme-chinois.com/
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

サマサマ太郎

Author:サマサマ太郎
主に関西におけるフェアトレード関連のイベント(フェアーやセミナー等)や、NGOサマサマの活動を紹介していきます。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード